たまこ色の塗り絵Life

初心者がまったり塗り絵を楽しむ日々

パン屋さんを塗ってみる その6 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

パン屋さんを塗り始めて、もう「その6」になってしまいました。

まだ1ページめも完成していません。

 

パンは塗りやすそうなところから塗り始めました。

 

f:id:tamako_k:20190723201614j:plain

 

これは何パンなのかな?なんとなくのイメージでチョコ味っぽい色味にしました。

濃い色は紙の白い点が目立ってしまうので(右側の状態)上から白色でなじませてみました。

f:id:tamako_k:20190723201754j:plain

 

ちょっと点々が目立たなくなって滑らかになりました。

色鉛筆の種類によりますが、白で重ね塗りしてもあまり色が乗らないので、多少色は変わりますが、ひどく白くなってしまう事はないです。

 

f:id:tamako_k:20190723202115j:plain

 

スコーンはもっとゴツゴツした感じを出したかったんですが、そんな技術はありませんでした。(*ノω・*)

四角いパンは、小さな角食パンぽく塗ってみました。

ふんわり優しい色になったと思います。

 

f:id:tamako_k:20190723202311j:plain

 

それぞれのパンの色をそれっぽく見えるようにと考えながら塗っている割に同じような色味になっています。

塗り分けるって難しいですね。

もっと大胆にやった方がいいのかなと思いましたが、失敗も怖くて無難な色になってしまっているのと、作りたい色がなかなか作れないのと、で同じ色になってしまいます。

 

f:id:tamako_k:20190723202714j:plain

 

悩みながらも、やっとここまで塗れました。

あとは難しいパンが残ってしまいました…(・ω・` )

クロワッサンのパリッと感とか、パイの焼き目とツヤとか、う~ん。

背伸びしすぎても塗れなくなってしまうので、ほどほどで塗ってみたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

パン屋さんを塗ってみる その5 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

今日は旦那さんと『天気の子』を見てきました。

ストーリーはちょっと冴えない男の子と元気な女の子のボーイ・ミーツ・ガールが主軸なのかな、途中ぐっとくるシーンもあったりして良かったです。

でもストーリーより気候の描写が素敵な作品だと思いました。

雨の描写も、そこに差し込む光も素敵で、やっぱり新海監督の作品だなぁという感じでした。

 

塗り絵はやっとパンを塗る手前まで来ました。(といってもまだ1ページめですが)

 

f:id:tamako_k:20190721190602j:plain

 

三角の旗はあまり主張しすぎないように薄紫と淡い赤で塗ってみました。

模様を入れてみましたが、絵は下手なので描いた後に、む~んと唸ってしまいました。

 

f:id:tamako_k:20190721190835j:plain

 

カードはベージュでさっと塗ってから、緑がかった水色(額縁などに使った色です)のラインを入れて、文字っぽく点々を描き込みました。

アップで見ると色々あらが見えてしまいますが、遠目ならきっと大丈夫なはず。

 

f:id:tamako_k:20190721191053j:plain

 

棚のジャムは赤紫や青、ピンクでいちごジャムに。

蓋のラッピングに細かいですが陰をつけたり、ラベルも枠を描き込んだりしてそれっぽくなりました。

 

f:id:tamako_k:20190721191343j:plain

 

上の段のジャムはカラフルにしました。

ジャムは綺麗な色で塗れたので結構気に入っています。

 

f:id:tamako_k:20190721191546j:plain

 

やっとここまで塗れました。

いよいよ次はメインのパンです。

パンによって色が違うので、それぞれどんな色を重ねていこうか、色んな色を重ね塗りして試しています。

いつもはそこまでしないで塗りながら考えるんですが、それでよく失敗するんですよね。

今回は一番好きなページなので丁寧にいきたいと思って試し塗りをしています。

が、あまり気負いすぎても失敗したときのショックが大きくなるので、程々にした方がいいですね。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

美味しそうなパンが焼けるといいなぁ。

パン屋さんを塗ってみる その4 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

今日は期日前投票に行ってきました。

そこで人生初の出口調査を体験しました。

見るのも初めて、回答するのも初めてで、なんだかちょっとわくわくしてしまいました。

ただのアンケートなのに変ですよね。

でも、いつもの投票よりも何となく自分も参加してる感がありました。

 

さて、塗り絵ですが、色で迷ってなかなか進みません。

その10、では終わらなそうなペースです。

 

とりあえずパン以外の部分を塗り進めています。

 

f:id:tamako_k:20190720193803j:plain

 

パンをのせてあるトレイや籠は主役のパンが埋もれてしまわないように、なるべく控えめに塗りました。

この時点では緑をポイントで使ってみようと思っていたので網を緑にしてみましたが、ちょっと濃すぎたかも。

 

f:id:tamako_k:20190720194103j:plain

 

籠はベースは同じベージュで、陰色をオレンジ・黄色系とグリーン系にしてみました。

グリーン系がだいぶ渋かったけど、あくまでも脇役なので、あとはパン次第というところでしょうか。

 

ジャムの乗った引き出しは額縁に使った水色が綺麗だったので、似た色にしてみました。

この一角はとってもカラフルになりそうです。

 

f:id:tamako_k:20190720194445j:plain

 

チラシのポスターはフルーツデニッシュとか、スイーツ系のパンに合わせてピンクとちょっと赤みのある淡いピンクを重ね塗りしました。

でも壁の淡い黄色に淡いピンクでちょっとぼんやりしてしまったので、縁を赤紫っぽい色で塗ったら締まった気がします。

 

緑をポイントで使おうかと思っていましたが、ここまで塗ってみて路線変更、水色・ピンク・黄色の可愛い路線でいこうと思います。

 

あとは、この商品名が書かれたカードと上の三角の旗の色が決まりません。

カードは地を白のまま残して、文字っぽいものや枠線みたいなものを描き込むのもいいかなと思いますが、絵は下手なのでそれなりに見えるかドキドキです。

 

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

パン屋さんを塗ってみる その3 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

今日は朝からセミが鳴いていました。

そんなに良いお天気でもなかったので、なんだかセミの鳴き声が似合わないけど夏なんだなぁ、なんて思いながら出勤しました。

そういえば子供の頃、セミの抜け殻を「セミのブローチ」と友達の服に付けようとしたら「怖い~」と逃げられました。

ただの抜け殻なのになんで怖いのか不思議に思いましたが、「中がからっぽなのが怖い」と言われ、不思議に思ったのは良い思い出です。

今ならなんとなく分からなくも無いですが、当時は全然理解できませんでした。

 

さて、塗り絵ですがあまり進んでいません。

昨日は帰りが遅かったので、あまり時間が取れませんでした。

 

まずは壁を淡い黄色で塗りました。

 

f:id:tamako_k:20190719204514j:plain

 

全体を塗ってみた感じであとからストライプとか壁紙の模様を入れても大丈夫なように薄めにしています。

 

窓の外のひさしは外観を塗った時は茶系にしましたが、茶系多めになりそうなので、なんとなく緑にしてみました。

落ち着いた感じの緑になりました。

 

正面のパンの絵の額縁は水色に淡い緑をちょっと重ねています。

黄色の壁と合っていますが、想像したよりポップ感が出てしまった気がします。

思いつきで塗ってしまうと、最初の想像と段々路線が違ってきてしまいますね。

 

f:id:tamako_k:20190719204908j:plain

 

パンの絵はあまり力をいれずさらっと塗って、背景は水色に合うかなと黄色にしたらさらにポップ感が…

でも綺麗な色になったのでこれで良しとしました。

予定していたより、かなりカジュアルな明るい感じの店内になりそうです。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

週末にこちら側のページだけでも完成できるといいなぁ。

パン屋さんを塗ってみる その2 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

今日はちっとも塗り絵が進んでいません。

このところずっとモヤモヤしていて気分が乗らなくて、昨日はちょこっとしか塗れませんでした。

塗り絵がストレス解消なのに、それすらもやる気が起きないって…

でも、今日はすっかり元気です。

とりあえず悩んでいた事が解決までは行きませんが、当面の目処がたったのでモヤモヤもすっきりです。

 

今回はパンと小物は後回しにして、背景などから塗っています。

 

f:id:tamako_k:20190717201411j:plain

 

ベージュ系3色と茶色でカウンターテーブルを塗りました。

この塗り絵本は背景が精密に描かれているわけではないので、たまに「ここ、どうなってるの?」と悩む箇所があります。

空間が歪んでいるというか、よく見るとあれ?となりますが、そこはそういうイラストなので何となくで塗っています。

テーブルは主役のパンの邪魔にならないように淡い色にしました。

淡い色ならあとで調整もききます。

といっても、そのまま完成にしてしまう事が多いですが。

 

f:id:tamako_k:20190717201256j:plain

 

ジャムの瓶を置いてある棚は山吹色にサーモンピンクを陰色に入れてみました。

明るい綺麗な色になりましたが、テーブルがくすんでしまいました。

隣に来る色で同じ色でも見え方が違ってしまうのが配色の難しいところです。

 

次は壁を塗ろうと思っていますが、全部均等に塗ってしまうとのっぺりしてしまうし、かといって変な濃淡を付けてしまうと汚れて見えてしまうので、どうしようか悩み中です。

この前『幸せのメヌエット』の仔ウサギのページを塗った時に、苔が生えるという失敗をしたのが脳裏をよぎってちょっと怖気づいています。

う~ん、悩んじゃうな。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

パン屋さんを塗ってみる その1 『憧れのお店屋さん』より

こんにちは。たまこです。

 

ぐずついたお天気が続いていますね。

なんだか日照不足で野菜のお値段が上がっているとか。

それでなくてもエンゲル係数が高い我が家には大打撃です。

こういう時は農協の直売所がお財布に優しくていいのですが、お休みの日しか行けないし、野菜の値段が上がっている時期の週末は開店前から長蛇の列でなかなかハードルが高いです。

なかには早朝からマイ買い物かごだけ置いて順番取りしているオバチャン達も…

そういうのは禁止してもらえるともうちょっと行きやすくなるんですが。

 

 今回は塗り絵本『憧れのお店屋さん』を買うきっかけとなったパン屋さんのページを塗っています。

お気に入りのページなので失敗するのは怖いけど、それ以上に塗りたい気持ちが強くなったので、思い切って塗る事にしました。

 

以前外観やパンを塗った時より少しは成長しているか、ドキドキです。 

 

tamako-k.hatenablog.com

 アイキャッチ画像がなぜか反映されません

  

tamako-k.hatenablog.com

 

 まずは背景や小物などパン意外の部分から塗って見ることにしました。

今回の色鉛筆はプリズマカラーを使っています。

 

f:id:tamako_k:20190716211618j:plain

 

パンが入っている木箱、木目を生かして塗るか、全体で明暗を付けて塗るか悩んで、あえて苦手な木目を生かして塗ってみる事にしました。

薄茶と焦げ茶でグラデーションにしたあと、部分的に黄色を入れてみましたが、木目があまり生かせなかった感が…

部分的に黄色を入れたものの、全体的に同じような感じになってしまったのが木目らしさをなくしてしまったのかもしれません。

 

f:id:tamako_k:20190716212116j:plain

 

窓の外の木の葉は明るい感じにしました。

こちらは葉脈を描き込むのが苦手なので全体でグラデーションにしています。

若葉のような綺麗な色で気に入っています。

 

 

f:id:tamako_k:20190716212311j:plain

 

窓の外は水色2色でグラデーションに。

木の葉の色も生えていい感じになったと思います。

ガラス感は苦手なので意識しませんでした。

失敗が怖くて、今回はかなり守りに入っています。(*ノω・*)

 

このページは見開きになっているし、パンや小物もいっぱいあって完成までかなりの日数が掛かりそうですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

 

 

 

【完成】「休暇に行こう」を塗ってみる 『エポルの森の少女』より

こんにちは。たまこです。

 

すっきりしないお天気続きで、気分もなんだかモヤモヤすっきりしません。

こんな日は大好きなアイスでも食べるにかぎります。

このブログを書き終わったらコンビニでも行ってこようかな。

 

塗り絵本『エポルの森の少女』から「休暇に行こう」のページが完成しました。

 

前回の続きから、残りは苦手な空部分です。

 

f:id:tamako_k:20190715134820j:plain

 

横にある瓶の中は色々迷ってこんな感じの仕上がりになりました。

夕焼けのようなグラデーションとか綺麗かなと思いましたが、どう考えても浮いてしまいます。

そこで海で使った色のグラデーションにしてみたんですが、やっぱり浮いていましたw

結局、砂浜、海、空にして途中は白で残してみました。

なんだか自分ではしっくり来ませんが、色が綺麗に消せず残ってしまったのでこれ以上手を付けるのはやめたというのが本当のところです。

 

空は本の部分から描き始めました。

やっぱり雲は難しいです。

考えれば考える程不自然に見えてきて、ちょっと塗っては消してみたり、また塗ってみたりしながら描いています。

雲の形はこれじゃなければ駄目とかいう物は無いし、正解なんてないんですけどね。

苦手意識が強すぎるのかもしれません。

 

f:id:tamako_k:20190715135422j:plain

 

試行錯誤しながら完成したのがこちらです。

写真がなぜか黄色がかってしまったので、調整したらだいぶ色が飛んでしまいました。

 

なんだか雲多めの仕上がりになりました。

原画をちょっとだけ参考にしつつ自分なりで塗ってみましたが、夏だから入道雲でも良かったのかな。

 

夏の海といったらギラギラと照りつける太陽のイメージですが、だいぶ爽やかで気持ちよさそうな色合いになりました。

あと、この塗り絵本はプリズマカラーを使う事が多いんですが、今回ポリクロモスを使ったので、ちょっと控えめになったのかなと思います。

ポリクロモスも発色は良いはずなんですが、私が使うとどうも控えめになりがちです。

 

エポルさんの塗り絵は線画がとっても可愛いんですが、塗るのは難しいです。

特に今回は細かったので不器用さんにはツライものがありました。

でも、原画とは違った優しい感じに仕上がったので割と満足です。(・∀・)

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

韓国書籍 「aeppol(エポル)の森の少女 カラーリングブック」(大人の塗り絵)

韓国書籍 「aeppol(エポル)の森の少女 カラーリングブック」(大人の塗り絵)